ノートPCとデスクトップPCのメリット・デメリット比較

ノートパソコンとデスクトップPCというのは、どちらがより優れているというものではなく、それぞれにメリットとデメリットがありますので、どちらを買うのが良いかというのは悩みやすい問題です。

 

●ノートパソコンの長所

ノートパソコンは、なにより場所をとらないのがメリットです。

一人暮らしなどで部屋のスペースを使いたくない人は多いので、省スペースというのは大きなメリットとなります。

 

また、持ち運びできるのも大きなメリットです。

仕事のために、外に持ち出すことも可能ですし、カフェなどでも使うことができます。

 

家の外に持ち出さないという人でも、ベッドの上や他の部屋に持っていけるというのはラクチンなものです。

 

●ノートパソコンの短所

ノートパソコンのデメリットですが、拡張性が悪いことです。

近頃は拡張性を増したノートパソコンも出てきてはいますが、やはりデスクトップPCのそれには及びません。

 

拡張などはしないという人でもこれはデメリットになります。

もしパソコンが故障した場合に、そのパーツだけ取り替えて直すということができないからです。

しかし、インターネットの閲覧程度であれば、ノートパソコンで十分なように思います。

 

●デスクトップPCの長所

一方、デスクトップPCのメリットは拡張性が高いことです。

単純にモニタひとつとっても、モニタのサイズが小さいと感じれば、モニタを買ってくればすぐに交換することが可能です。

このため、比較的長く使用することができ経済的ともいえます。

 

●デスクトップPCの短所

デメリットは場所をとることでしょう。

今は省スペースのデスクトップPCも発売されていますが、ノートパソコンに比べるとやはり場所をとってしまいます。

あまり高度なことをしないのであればもてあましてしまいがちですが、パソコンを始めて興味が出てきたときに、対応することができるのはデスクトップPCです。