パソコンはメリットとデメリットによって総合的に決めるべき

ノートパソコンか?デスクトップPCか?

 

ノートパソコンとデスクトップPCのどちらを買えば良いのかは、パソコンを買うとき大いに悩むところです。

どちらも一長一短あるのは間違いなく、どういうパソコンの使い方をするかによってその選択が決まります。

 

●ノートパソコンのメリット

ノートパソコンのメリットは、なんと言ってもその手軽さです。

ノートパソコンはだいぶ大きさがコンパクト化されていますから、小さいテーブルの上でも問題なく作業することができますし、今ではその性能もパワーアップしていますから普通にパソコンを使うだけならほとんど不自由はありません。

 

価格もかなり安いですし、あまり問題点はないです。

ただ、デスクトップPCに比べればややスペックが落ちるのは確かですし、長時間の使用には向かないというデメリットもあるにはあります。

 

●デスクトップPCのメリット

反対にデスクトップPCはかなり高性能化が進んでおり、できることはたくさんあります。

1台あればパソコンでできる用途はすべて満たせると言い切っても良いくらいです。

 

操作もかなり簡単になってきていますし、基本的なことさえ理解していれば十分使いこなせます。

ただ、ノートパソコンに比べれば若干値段が高いこと、そして本体とディスプレイを置くためのパソコンラックやチェアーが必要になるため、スペースの確保が必須になることがデメリットとして挙げられます。

 

このように、ノートパソコンとデスクトップPCでは甲乙がつけがたく、どちらにするかはメリットとデメリットによって総合的に決めるべきです。

ただ、どちらにしても大きく後悔することはないはずです。