ノートPCとデスクトップPCのメリット・デメリット比較

ノートパソコンとデスクトップPCというのは、どちらがより優れているというものではなく、それぞれにメリットとデメリットがありますので、どちらを買うのが良いかというのは悩みやすい問題です。

 

●ノートパソコンの長所

ノートパソコンは、なにより場所をとらないのがメリットです。

一人暮らしなどで部屋のスペースを使いたくない人は多いので、省スペースというのは大きなメリットとなります。

 

また、持ち運びできるのも大きなメリットです。

仕事のために、外に持ち出すことも可能ですし、カフェなどでも使うことができます。

 

家の外に持ち出さないという人でも、ベッドの上や他の部屋に持っていけるというのはラクチンなものです。

 

●ノートパソコンの短所

ノートパソコンのデメリットですが、拡張性が悪いことです。

近頃は拡張性を増したノートパソコンも出てきてはいますが、やはりデスクトップPCのそれには及びません。

 

拡張などはしないという人でもこれはデメリットになります。

もしパソコンが故障した場合に、そのパーツだけ取り替えて直すということができないからです。

しかし、インターネットの閲覧程度であれば、ノートパソコンで十分なように思います。

 

●デスクトップPCの長所

一方、デスクトップPCのメリットは拡張性が高いことです。

単純にモニタひとつとっても、モニタのサイズが小さいと感じれば、モニタを買ってくればすぐに交換することが可能です。

このため、比較的長く使用することができ経済的ともいえます。

 

●デスクトップPCの短所

デメリットは場所をとることでしょう。

今は省スペースのデスクトップPCも発売されていますが、ノートパソコンに比べるとやはり場所をとってしまいます。

あまり高度なことをしないのであればもてあましてしまいがちですが、パソコンを始めて興味が出てきたときに、対応することができるのはデスクトップPCです。

限られた場所であればデスクトップPC、どこでも使いたいならノートパソコン

パソコンは使用する場所によって選ぼう!

 

自分の部屋だけといった限定した場所での使用なら、断然デスクトップPCがお勧めです。

デスクトップPCは同スペックなら、ノートパソコンよりも価格が低く設定されているからです。

パソコンを購入した経験が何度かある人ならともかく、初心者が一発目で自分に合ったパソコンを選ぶのは大変困難なことです。

パソコンの費用を少しでも低く抑えられるのにこしたことはないでしょう。

 

それと、デスクトップPCにはメンテナンスがしやすいというメリットもあります。

キーボードの調子が悪いなと思ったら交換するだけで対処できます。

ノートパソコンのように、メーカーに修理依頼する必要なんてありません。

ある程度パソコンの使い方に慣れてくると、自作パソコンへの道も開けてきます。

 

自分の部屋だけでなくいろいろな場所に持ち込んで使用したいとうのなら、ノートパソコンのほうを選択することをお勧めします。

ノートパソコンのメリットは、どこにでも持ち運ぶことのできる手軽さにあります。

新幹線の中の移動中でも、宿泊先のホテルの中でも、いつでもどこでも自分のパソコンを使うことができるのです。

そして、もうひとつ大きなメリットはバッテリーが内蔵されていることです。

 

パソコンの使用中に突然停電したとしても問題ありません。

内蔵されているバッテリーから電気が供給され、電源が確保できなくても一定の時間使用し続けることができます。

デスクトップPCのように停電によるデータ破損に怯えるようなことがないのです。

 

ノートパソコン、デスクトップPCどちらを選ぶのかは、使用する場所により決めると比較的購入しやすくなります。

限られた場所であればデスクトップPCを、どこでも使いたいならノートパソコン、と頭に入れておくと良いでしょう。

デスクトップとノートの違い

デスクトップとノートパソコンどちらがいいか?」ということですが、それは用途によって異なります。

 

まず、在宅オンリーでそこそこ容量のあるデータを扱いたいのであればデスクトップをおすすめします。

データにはいわゆる「重さ」があり、それによってパソコンにかかる負荷が変わってきます。

 

単純に考えれば登山をする際にどれだけの荷物、つまりデータを運搬するかとでも言いましょうか。

それによって登山者の体力への負担がかわりますよね。

その登山の際に持ち合わせている体力が容量です。

 

ネットとデジカメのプリント、年賀状を扱いたい場合。

例えば、デジカメで撮った写真の多さやデータの密度が高くなれば荷物である重さを体力に負担しもらうようになるわけです。

 

この際に必要になるデジカメのデータを扱うソフトや年賀状作成ソフトにも重さは存在します(高性能なら高性能なほど重さは大きくなります)。というわけで用途が多岐にわたり、また体力である容量がいっぱい欲しいという場合はデスクトップがお勧めです。

 

逆にノートパソコンの長所は「持ち歩きができて、スタイリッシュである」という点でしょうか。
容量はデスクトップに一歩劣りますが、最近のノートPCは少し前のデスクトップPCと同じかそれ以上の容量を確保できます。
とはいえ、最新モデルでデスクトップとノートを比べるとノートの方が容量の問題で一歩劣ります。

 

しかしなんといっても魅力的なのが「持ち運びができて、外出先でも作業が可能」な点です。

例えば友人と撮った写真をその場で編集、加工をしたい場合などで大活躍することでしょう。

 

また、デスクトップより数倍カッコイイです。

どちらも良いのですが、購入の際は「何を扱うか」、「どこで使うか」、「容量はたくさん欲しいか、そこそこでもいいか」を電気屋さんの販売員によく相談するのが一番でしょう。

 

パソコンは長く使うものです。

妥協をせず、自分に合ったパソコンを選んでください。

パソコンはメリットとデメリットによって総合的に決めるべき

ノートパソコンか?デスクトップPCか?

 

ノートパソコンとデスクトップPCのどちらを買えば良いのかは、パソコンを買うとき大いに悩むところです。

どちらも一長一短あるのは間違いなく、どういうパソコンの使い方をするかによってその選択が決まります。

 

●ノートパソコンのメリット

ノートパソコンのメリットは、なんと言ってもその手軽さです。

ノートパソコンはだいぶ大きさがコンパクト化されていますから、小さいテーブルの上でも問題なく作業することができますし、今ではその性能もパワーアップしていますから普通にパソコンを使うだけならほとんど不自由はありません。

 

価格もかなり安いですし、あまり問題点はないです。

ただ、デスクトップPCに比べればややスペックが落ちるのは確かですし、長時間の使用には向かないというデメリットもあるにはあります。

 

●デスクトップPCのメリット

反対にデスクトップPCはかなり高性能化が進んでおり、できることはたくさんあります。

1台あればパソコンでできる用途はすべて満たせると言い切っても良いくらいです。

 

操作もかなり簡単になってきていますし、基本的なことさえ理解していれば十分使いこなせます。

ただ、ノートパソコンに比べれば若干値段が高いこと、そして本体とディスプレイを置くためのパソコンラックやチェアーが必要になるため、スペースの確保が必須になることがデメリットとして挙げられます。

 

このように、ノートパソコンとデスクトップPCでは甲乙がつけがたく、どちらにするかはメリットとデメリットによって総合的に決めるべきです。

ただ、どちらにしても大きく後悔することはないはずです。