初めてのパソコンを購入するならノートパソコンがおすすめ

yajirusiノートパソコン派 (15票/40人)

 

ノートパソコンとデスクトップパソコンを比べるとき、おおざっぱな目安としてはかつて、「いろんなことをするか?(性能のよい方がいいか?)」と、「安い方がいいか?」というものがありました。

 

ただし最近は、ノートパソコンとデスクトップでそんなに性能に差がなくなってきました。

仕事で性能のよいものが必要であったり、ゲームやグラフィック作成や動画作成といった趣味をストレスなくやりたい、ということでなければ、デスクトップの利点はそんなにないと思います。

 

同じ性能であれば、デスクトップの方がノートパソコンより安いというのは変わりませんが、デスクトップは別にモニタも購入しないといけないわけですし、何もない状態からの購入であればこれもそんなにデスクトップの魅力とはいえないでしょう。

ノートパソコンの小さな画面で物足りなくなったとしても、最近はノートパソコンにつなげるテレビも多く、ケーブルを一本買うだけで大きな画面でDVDや動画などを楽しめます。

 

そして、やはりノートパソコンのいいところといえば、ケーブルなどが最小限で済むことでしょう。

ネットワークも最近は無線が主流ですし、充電さえしてしまえば完全にワイヤレスで使えます。

周辺機器をつけるにしても、マウスやキーボード、プリンタといったものは無線化された製品がありますから、常時使うケーブルはほぼ不要です。

 

ワイヤレスであり、持ち運びができるというのはお部屋の掃除が楽ということにもなります。

デスクトップのパソコンの周辺というのは使用時にファンが回る関係上、どうしてもホコリが溜まりがちです。

故障を防ぐためにも定期的に掃除をしたいところですが、ケーブルがごちゃごちゃしていれば、それも面倒になってしまいます。

 

というわけで、日々を気楽にパソコンを使いたいという人がまず買うのであればノートパソコンが良いでしょう。

その後、使っているうちにもっといろいろやりたいとなってから、デスクトップを検討するのがベストではないでしょうか。