普通に使う分にはノートPCで十分です

ノート型とデスクトップ型、どちらのパソコンを購入した方が良いかは用途によって変わってきます。

ただ、最近のパソコンは昔に比べて総じて性能が良くなっているので、殆どの場合ノート型で十分だと思います。

デスクトップ型は3DCGのゲームを楽しむとか、広い画面で作業したい人が使うには有効ですが、そうでなければ特に必須の物ではありません。

 

ノートパソコンを外に持ち運ぶ事は殆どないかと思いますが、それでも室内で持ち運びできるのは便利です。

掃除をする時もデスクトップ型は重くて移動も容易ではありません。

でもノート型なら簡単に移動できますよね。

 

電気代に関してもデスクトップ型の方が大きいです。

ノート型は持ち運ぶ事を前提に作られていますから、バッテリーのみで動かせるくらい省電力で動作する様に作られています。

 

極端な話、ずっと電源を点けっぱなしにしていても、消費電力は大した事がありません。

頻繁に電源のオンオフを繰り返す事は、パソコンに負担を与えるという説もあり、点けっぱなしにできる程電力消費量が少ないのはノート型のメリットです。

 

対してデスクトップ型の利点は処理能力の高さです。

一例として、パソコンは電源を入れると使えるようになるまで少し時間が掛かる物なのですが、その時間が短いんですね。

なので移動しないで使える場合で尚且つ電気代が気にならないのなら、デスクトップ型を選択肢に入れても良いと思います。