持ち歩けるノートVS容量派のデスクトップ

ノートパソコンとデスクトップパソコンの大きな違いはやはり「容量」です。

ノートパソコンですと、容量にも限りがあります。

持ち歩いて外で使えるためにそのような仕様になることは仕方ないですね。

 

デスクトップパソコンは持ち歩けない代わりに多くの容量があります。

 

年賀状などを「印刷するだけ」ならばノートパソコンでも構いません。

ですが自分で撮った写真を加工して、文字を入れて、「デザインをつくる」のであればノートパソコンよりもデスクトップパソコンのほうが向いています。

 

容量が少なくとも加工用ソフトをインストールできますが、やはり容量が大きいほうがソフトもすらすら動きます。

ノートパソコンですと動作が重くなって、メモリ不足に陥り途中で強制終了なんてトラブルも少なくはありません。

 

年賀状を作成するソフトも多種多様です。

何が自分で使いこなせるのかわからない場合はいろいろ試していかなくてはなりません。

そうするとインストールする量も多くなり、メモリが必要になりますよね。

 

また素材集やフォントなどそれらに付随するもののダウンロードもしたがって多くなります。

いろいろなデザインを試したいかたはメモリ容量は多くないと作業が進みづらいです。

 

それから、年賀状等を印刷するのであれば、持ち歩かず家でゆっくり作業される方が多いと思います。

値段はもちろんデスクトップパソコンの方が張りますが、今後も使っていくのであればメモリ容量を気にしないデスクトップパソコンの方がおすすめできます。