ソフトバンクAirならば、古いスマホを再び使用できます

ソフトバンクには、さまざまなサービスが用意されています。そのなかで、インターネットに接続するためのサービスとして、ソフトバンクAirがあります。そして、もうひとつSoftBank光というサービスもあります。

 

SoftBank光とは、NTTのフレッツ光という光回線をソフトバンクを通じて提供しているサービスです。このため、自宅内に設置するときは工事が必要となります。また、自宅内でパソコンを利用するときは、無線LANもしくは有線のLANを使用することになります。

 

一方、ソフトバンクAirはWi-Fiです。Airターミナルという接続機器を自宅内に設置する必要がありますが、工事はいっさい必要ありません。コンセントにつなぐだけで使用可能となります。Wi-Fiですから、自宅でパソコンを利用するときは、もちろん有線のケーブルを利用する必要はありません。つまり、自宅を配線だらけにしたくない人や、工事を待つのが面倒だと感じる人にとっては、あきらかにソフトバンクAirのほうがメリットがあるといえます。

 

さらに、ソフトバンクAirはWi-Fiであることから、もうひとつのメリットもあります。それは、古くて使用しなくなったスマートフォンを使用できるという点です。使用しなくなった古いスマホのホーム画面で設定をタップし、Wi-Fiをタップします。次にWi-Fiをオンにして、接続するアクセスポイントをタップし、パスワードの欄に暗号キーを入力して接続すると、古いスマホでインターネット接続することが可能となります。
現在使用しているスマホに加えて、自宅では古いスマホも使用できるメリットが得られます。