クリエイターパソコンと高性能パソコン

クリエイターパソコンは基本的には通常市販されているパソコンのハイスペック志向の機種に2Dドローイングソフトや動画編集ソフトなどの動作確認をしているタイプが多くなっています。プリインストールまでしている機種はあまりないですが、性能の割に価格が安いという点もメリットと言えます。

 

また、カスタマイズが可能なモデルが多くなっていることも特徴で、長い期間使うのであれば高性能CPUを搭載すると良いでしょう。ノートパソコンよりはデスクトップパソコンのほうがクリエイターパソコンとしては種類が多くなっています。机の上で作業をするという前提となっているようです。

 

クリエイターパソコンは機種の多くがディスクドライブがDVDドライブ止まりとなっており、ブルーレイには対応していないケースが多い点は注意点ですが、データの持ち運びにブルーレイを使うケースはほぼ無く、ブルーレイレコーダーを所有していれば問題ないと言えるでしょう。

 

また、気に入ったクリエイターパソコンであれば外付けのブルーレイドライブを購入するという手もあります。また、クリエイターパソコンと同等レベルの性能をもつ大手メーカー製のパソコンは高性能パソコンと言える上位機種で、具体的にはcore i5またはcore i7プロセッサ搭載、記憶装置にSSD採用、8GB以上のメモリの搭載などで、クリエイターパソコン取扱のパソコン専門店より大手量販店のほうが近くにあるというケースでは高性能パソコンで問題なく使えるでしょう。なお、こちらには大半のモデルにブルーレイドライブが搭載されています。