ツクモのBTOパソコンの特徴についての考察

ツクモは秋葉原を中心として大阪や名古屋などに店舗を構えていたパソコンパーツを販売していたかなり老舗のパソコンショップでありました。

ただし、2008年には店舗拡大や経営の失敗などによって、一度破たんしてしまったのですが、家電量販店の最大手のヤマダ電機の子会社として再び営業を始めた経緯があります。

 

BTOパソコンと呼ばれる受注生産のパソコンにも定評があります。

メーカー製のパソコンも販売していますが、オリジナルBTOブランドのパソコンも販売しています。

ツクモのBTOパソコンの特徴としては品質を重視した製品を作っています。

 

特にパソコンで故障の頻度が高いといわれているようなパーツには気を配っており、かなり高品質なパーツを使用を使用しています。

その点では価格の安い商品であっても故障が少なく初心者にも安心して使用することができる製品と作っているといえるでしょう。

 

もちろん大手のBTOパソコンのメーカーでありますから、ローエンドのパソコンも発売して言いますが、最新の3Dゲームをストレスなくプレイすることも可能であるハイエンドのパソコンのラインナップも充実しており、個人の使用目的によってコストと性能を考慮したBTOパソコンを選ぶことができます。

 

もともとのパーツショップとしての実績もあるためにBTOパソコンにあっても拡張性とカスタマイズ性には他のBTOパソコンメーカーよりも一日の長があるといえるでしょう。