デスクトップパソコンとノートパソコンのメリット・デメリットの説明

パソコンには基本的に2つの種類があります。

それは「デスクトップパソコン」と、「ノートパソコン」です。

 

よく聞く名前ですが、果たしてどちらがよいのか、これからパソコンを購入しようと思っている方にとっては大きな迷いの原因となっているのではないでしょうか。

そこでここではデスクトップとノートの特徴を書いていきます。

 

■デスクトップパソコンのメリット・デメリット

ilm18_bd02006-s

デスクトップパソコンはその容量の多さと放熱がしっかりしており、常に電源をコンセントにつないでいるのでバッテリー切れの心配がないということです。

また、机の上にキーボードやスピーカー、マウスをしっかり接続できるため、細かい作業をしたい人はデスクトップをおすすめします。

パソコンの内部知識に慣れてくれば、自分でパソコンの中を開けてメモリの増設など、カスタマイズをできるのがデスクトップパソコンの大きな特徴となります。

デメリットは「持ち運びができない」ということです。

一度設置してしまえば、場所を変えたいと思っても大変な作業になり、力仕事になります。

また、付属品が多いため、接続コードが多くなってしまいます。

 

■ノートパソコンのメリット・デメリット

ilm18_bd02007-s

ノートパソコンのメリットはどこにでも持っていけるということです。

バッテリーが付いていますから、コンセントから取り外して外出時に持っていくことができます。

 

モバイルWi-Fiルーターをつなげば、ルーターそのものがWi-Fiスポットとなるため、どこでもネットができます。

インターネットを見たい、気分でいろいろな場所に持って行ってネットをしたいという用途ならノートがいいです。

デメリットは本体が熱くなりやすいことと、バッテリー切れの心配があること。

自宅で使う分には問題ありませんが、外で使おうとするとバッテリーが心配になりますから、電源のある場所を探すなど対策を講じなければならないでしょう。

 

このように、デスクトップとノートには一長一短の特徴がありますし、メリットもデメリットも同じようにあります。

自分が果たしてどういった環境で使いたいのか、何がしたいのかを基準にして選ぶとよいでしょう。

 

yajirusiノートパソコン派 (15票/40人)

 

ノートパソコンとデスクトップパソコンを比べるとき、おおざっぱな目安としてはかつて、「いろんなことをするか?(性能のよい方がいいか?)」と、「安い方がいいか?」というものがありました。

 

ただし最近は、ノートパソコンとデスクトップでそんなに性能に差がなくなってきました。

仕事で性能のよいものが必要であったり、ゲームやグラフィック作成や動画作成といった趣味をストレスなくやりたい、ということでなければ、デスクトップの利点はそんなにないと思います。

 

同じ性能であれば、デスクトップの方がノートパソコンより安いというのは変わりませんが、デスクトップは別にモニタも購入しないといけないわけですし、何もない状態からの購入であればこれもそんなにデスクトップの魅力とはいえないでしょう。

ノートパソコンの小さな画面で物足りなくなったとしても、最近はノートパソコンにつなげるテレビも多く、ケーブルを一本買うだけで大きな画面でDVDや動画などを楽しめます。

 

そして、やはりノートパソコンのいいところといえば、ケーブルなどが最小限で済むことでしょう。

ネットワークも最近は無線が主流ですし、充電さえしてしまえば完全にワイヤレスで使えます。

周辺機器をつけるにしても、マウスやキーボード、プリンタといったものは無線化された製品がありますから、常時使うケーブルはほぼ不要です。

 

ワイヤレスであり、持ち運びができるというのはお部屋の掃除が楽ということにもなります。

デスクトップのパソコンの周辺というのは使用時にファンが回る関係上、どうしてもホコリが溜まりがちです。

故障を防ぐためにも定期的に掃除をしたいところですが、ケーブルがごちゃごちゃしていれば、それも面倒になってしまいます。

 

というわけで、日々を気楽にパソコンを使いたいという人がまず買うのであればノートパソコンが良いでしょう。

その後、使っているうちにもっといろいろやりたいとなってから、デスクトップを検討するのがベストではないでしょうか。

 

yajirusiデスクトップPC派 (5票/40人)

 

パソコン初心者でも持ち歩きがし易く、お店でも違和感なく気軽に利用しやすいと評判のノートパソコンは依然人気の商品です。

ですが、自宅でインターネット閲覧や好きな写真のプリントアウトなど趣味に応じて様々な使い方が出来るパソコンを求めるなら、最初からデスクトップPCを自宅に設置するほうがお勧めです。

 

実はノートパソコンの元々の性質上、放熱性に鈍いデメリットが払拭できない為、余り性能に優れたスペックを搭載するのは難しいのです。

通信のスムーズさを求める意味では、膨大なデータ処理をするのに少し時間が掛かるというもどかしい面があります。

 

また、ノートパソコンはコンパクトさが最大の売りでもあるので、極力身体に負荷を与えない軽量さを追求する故に、部品にコストを掛けて生産されている事が多く、家電メーカーでも軒並み安くなる事は少ないです。

 

その反面デスクトップPCなら、その価格面も適度に抑制でき、ノートパソコンより柔軟な機能を装備しているので、価格と質が平等にバランスを取れて、メンテナンス頻度によっては長い年月維持する事も可能です。

 

更にデスクトップPCは、ノートパソコンよりデータ処理の飲み込みも断然早く、メモリ容量も余裕持って保持でき、必要に応じてパーツを追加する事もできるので、どんな用途にも幅広く快適に使用できるのがメリットです。

 

最近は巨大なイメージがあるデスクトップPCも、置き場所を取らないスリムタイプの物も出てきており、繋ぐケーブルの種類も少なく済むようになっているので、機械の知識に疎い人でも問題なく使いこなせるようになっています。

 

もし様々な趣味シーンに合わせて、トラブル少なく気持ちよくパソコンを長く愛用したいなら、デスクトップPCは一押しです。